【単身赴任者向けの200円で作れるシンプルおかず】焼き鳥丼定食を作る

200円未満で出来るおかずの投稿、ずいぶん久しぶりになってしまった。

夕食は相変わらずほぼ自炊ながら、盛り付けが手抜きとか一品は出来合いの惣菜とか、こちらで紹介するほどのものではないのが続いたのと、どうもこのコーナーの閲覧数がいまいち弱く、モチベーションが上がらなかったというのが事実である。確かにインスタで#単身赴任の食事、なんかで検索すると驚くほど綺麗に作っている人がいくらでもいる。

しかし、時間短く・手間少なく・低コストでそこそこ美味い、というのが僕の料理のコンセプトだ。めげずに投稿し続けたい。

今日はブラジル産鶏もも肉を買ってきて、照り焼きにして丼にしてみた。鶏肉は大体のスーパーで国産とブラジル産が売っている。やはり国産の方が柔らかく、クセもなくて美味しいのだが、照り焼きのような濃い味付けであればブラジル産でも十分美味しい。

鶏もも肉は一口大に切って、軽く塩をふり少々置いておく。油を敷いたフライパンで両面を焼き、酒・砂糖を大さじ1、醤油・みりんを大さじ2加える。しばらく加熱して調味料を焦がさないように煮詰める。汁気がトロリとしたら出来上がり。ご飯の上にカット野菜を敷き詰め、その上に鶏肉を乗せ、汁をかける。白ゴマがあったので上にかけてみた。

ゴマのアクセントが効いていて我ながら実に美味く出来た。鶏肉は安い、美味い、栄養豊富、調理のレパートリーが広いと単身自炊者の強い味方だ。ニワトリさん、今年もよろしく。

材料費 鶏もも肉200G¥160/カット野菜¥30/トマト¥40/ほうれん草¥20/計¥250/年明け一発目からちょっとオーバー…

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tanoyatsu

40代半ば、妻と二人の女の子を残し、長野に単身赴任中。料理・掃除大好きのおばさん力高め男子。趣味は料理の他・ジョギング・水泳・乗り鉄。数年前から断捨離・ミニマリストに興味を持ち、「モノを極力持たないライフスタイル」をゆるめに実践中。

シェアする