【単身赴任者向けの200円で作れるシンプルおかず】豚コマとピーマンと卵の炒め定食を作る

会社帰りのスーパーで、ピーマンが安くなっていたので買い物カゴに放り込んだ。

家に帰って小分けにして冷凍しておいた豚コマと卵と合わせて炒めることにした。

濃い緑色の野菜、ピーマンの他に小松菜やほうれん草やニラ、アスパラなんかでもこの組み合わせはよく合う。またキクラゲやエノキなどのキノコと合わせても良し。玉ねぎがあれば一緒に入れてしまう。安くて簡単でボリュームいっぱいで美味しい。ご飯にもビールにも合う。豚コマと卵のタッグにかかれば、どんな相手でもとりあえず美味しくしてしまうという、まさに最強の組み合わせである。

卵2ヶは割りほぐして多めの油でさっと半熟に炒め、取り出しておく。

フライパンに油を足し、豚肉を炒める。だいたい白くなったら、玉ねぎとピーマンを入れる。強火で炒め、ピーマンにサッと火が通ったら砂糖と醤油を各大さじ1づつ入れ、卵を戻してサッとフライパンを煽ったら出来上がり。お好みで最後にごま油を少し入れても良いし、チューブニンニクがあれば野菜を入れるタイミングで入れても良い。

ふんわりと炒めた卵がピーマンの苦味をマイルドにしてくれ、優しい味になる。玉ねぎの食感と甘さがアクセントだ。

チューブ入りの刻み青しそというのを初めて買ってみた。シソは大好きで、本宅にいた頃は庭で大量に栽培していたのだが(というか放っておいてもものすごくよく育つ)、こちらに来てからは一人分をわざわざ買う程でもなく、刺身のツマについて来たのを大事に食べる程度であった。チューブ入りのやつでもしっかりシソの味がする。冷奴にも素麺にも刺身にもトマトにも何にでも付けて大量消費している。

材料費 豚コマ80G¥80・ピーマン2ヶ¥50・タマネギ1/4ヶ¥12 卵2ヶ¥27・豆腐¥27 計¥196 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tanoyatsu

40代半ば、妻と二人の女の子を残し、長野に単身赴任中。料理・掃除大好きのおばさん力高め男子。趣味は料理の他・ジョギング・水泳・乗り鉄。数年前から断捨離・ミニマリストに興味を持ち、「モノを極力持たないライフスタイル」をゆるめに実践中。

シェアする