単身赴任2年8ヶ月にして洗濯機を買ってしまった

この度、洗濯機を買ってしまった。

このブログでは洗濯機なしの自分の生活を紹介してきたので、それをきっかけに僕のミニマルライフに興味を持って下さった方がいらっしゃれば申し訳ないと思う。

決してミニマルライフを手放したわけではなくて、依然として身の回りに置くものは必要最小限に留めておきたいとは考えているが、このたび洗濯機が僕にとっての必要最低限のカテゴリーに入ったということである。

洗濯機を買ってしまった動機

1.週末のコインランドリーの往復が面倒になってきた

土曜日の朝になると、1週間分の洗濯物をコインランドリーに持ち込み、洗濯機に放り込むと一旦家に帰って来て掃除を済ませ、出来上がる頃に大急ぎで戻り、乾燥機に入れるということをやってきた。このせわしない週末のスタートが面倒になってきた。

2.最低でもあと一年は単身赴任生活が続くことが決まった

先日役員との面談があったのだが、来年度も転勤はないらしい。以前、洗濯機を買った場合とコインランドリーを使用した場合のコスト差を検証したが、コスト面だけで見れば、小型洗濯機を購入した方が安い。コインランドリー通いが徐々に面倒になって来たところに、まだしばらくは単身生活が続くという現実がさらに洗濯機購入へと僕を傾かせる。

3.コインランドリーで2週連続でトラブルに遭う

これが決定的だったのだが、行きつけのコインランドリーで2週連続で機械トラブルに見舞われたことである。

先週の土曜日、いつものように洗濯のドラムに洗濯物を放り込み、自宅に戻って掃除をし、洗濯が終わる3分前に戻ったのだが、残り時間のデジタル表示はなぜかまだ残り18分を示している。最初は僕の思い違いかと思ったが、そこから何分待っても一向に18分から減らないのである。

サービスセンターに電話し、業者を呼んだが、30分くらいはかかるという。結局返金してもらい、洗濯も初めからし直した為、普段より1時間くらい余計にかかってしまった。

で、今週。なんと同じ症状になってしまったのである。ちなみに先週トラブルに見舞われた隣の洗濯機である。業者のお兄さんは「またお客さんですか」と驚いていた。お詫びに¥2,000分のプリペイドカードはもらったものの2週連続で余計に回されて、僕のパンツもさぞかし目が回ったことと思う。

これで、一時的ではあろうがちょっとコインランドリーは懲り懲り、という気持ちになってしまい、他の理由とも相乗反応を起こして、「よし、洗濯機買おう」という結論に達したわけである。

白物家電を中古で買うという選択

僕は白物家電にこだわりは持っていない。それに求める基本的な機能をしっかり果たしてくれれば、それ以上の付加価値は求めない。そもそもどこのメーカーを買っても中国製だし。それに、中古だって全然構わない。

というわけで「セカンドストリート」で、ヤマダ電器オリジナルモデル(ハイアール製)の2019年製のを¥14,900で購入した。一人暮らしサイズの1年落ちで、大体新品より1万円安いというのが相場だ。

この手の中古家電を買う時のポイントが、「運搬据付は原則自分自身で」ということである。有料の運搬サービスを使用する事も出来るが、市内でも1万円近くかかってしまうのだという。そうすると新品が買えてしまう。もちろん新品の場合は運輸据付料込みである。

僕はひとりで運ぶ決心をし、店員の手を借りて車に洗濯機を積み込んだ。マンションに到着し、ひとりで何とか洗濯機を降ろし、部屋に運び込んだ。水道に接続する部品などが必要でさらに¥1,500ほどかかったが、何とか自分ひとりで据付まで完了した。

早速回してみる。一番小さいやつにしては、水量とかコースの選択なども出来、なかなかお利口である。モーター音も思ったより静かで、これであれば階下への騒音も心配なさそうだ。

乾燥に関しては、今まで通りコインランドリーを使おうと思う。乾燥機から出てきたフカフカの洗濯物が大好きなのと、自分で干すのが嫌いなのである。もらった¥2,000分のプリペイドカードもあるし。

モノを減らすこと自体がミニマルライフの本質ではない

単身赴任を初めて2年と8ヶ月にして、最大の追加の買い物をしてしまった。洗濯機なしで2年8ヶ月やってこられたのだから、これから先も洗濯機なしの生活が出来ないわけではない。

しかし、一番大切なのは何か。モノを増やさない、ということにばかり固執すると、当初のミニマルライフの目的である「モノとそれに振り回される時間を減らして人生に有効なことに使える時間を増やす」という目的から離れてしまう。2年8ヶ月の単身生活の実践を経て、熟慮の末「やはり3年以上の単身生活になったら洗濯機はあった方がいいな」という自分なりの結論に達したのだから、買ったことを後悔はしていない。

そして、2年8ヶ月の洗濯機なしの生活と買った以降の生活を比較して、それぞれのメリットデメリットをお伝えできれば良いと考えている。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

Tanoyatsu

40代半ば、妻と二人の女の子を残し、長野に単身赴任中。料理・掃除大好きのおばさん力高め男子。趣味は料理の他・ジョギング・水泳・乗り鉄。数年前から断捨離・ミニマリストに興味を持ち、「モノを極力持たないライフスタイル」をゆるめに実践中。

シェアする