【気になる服のニオイ対策】洗濯前の一手間ですっきり解決できる!

温度・湿度とも高い日が続くこの時期、我々中年男子にとって気になるのがニオイの問題である。

人間も動物であるから、臭いを発するのは当然であり、それを完全にゼロにすることは不可能であるし、必要以上に神経質になる必要もないと思うのだが、他人と社会生活を送る以上、全く無頓着というのは頂けない。幼い子供の汗の匂いというのは微笑ましいものだが、中年の体臭を微笑ましく感じてくれる人というのはまずいないだろう(そういう趣味の人もいるかもしれないが)。出来る対策はしておきたいではないか。

臭うのは体ではなく衣服である

僕も夕方になると自身のニオイが気になることがある。しかしよく観察してみると、臭っているのは自分の体ではなく着ているものなのである。

厄介なのが、この臭い、普通の洗濯だけでは全て落ちきらないということである。この場合、普通の洗濯というのは洗濯物を洗濯機に放り込んで、洗剤で洗って柔軟剤で仕上げるということを指す。これだけだと、洗濯したての服のはずなのに、朝着て通勤中に少しでも汗をかくともう臭う、という状況に陥ってしまう場合がある。「俺ってこんなに臭かったのか」と落ち込んでしまうだろう。

単身赴任を機に洗濯デビューした単身赴任者の皆さんの中には、この問題に頭を悩ませていらっしゃる方もいるのではないだろうか。

服の臭い問題をいっぺんに解決してくれる優れもの

しかし、これは普通の洗濯をする前に一手間かけてやることでほぼ完全に解消できるのである。

何も特別なことではない。専用の高価な洗剤を売りつけようとしている訳でもないので安心して欲しい。

僕が愛用しているのは花王の「ワイドハイターEXパワー」である。

ワイドハイター EXパワー 漂白剤 本体(600ml*2コセット)【ワイドハイター】

価格:523円
(2022/8/6 07:12時点)
感想(5件)

衣料用の酸素系漂白剤である。普通の洗濯洗剤では落としきれない臭いや菌を落としてくれる。これ以上の詳しい説明はメーカーサイトをご覧頂くとして、僕は下着は洗面器にキャップ1杯のワイドハイターを入れて水で希釈したところに30分程度つけ置きしておく。特に臭いの気になる脇の下やパンツの局部が触れる部分には、つけ置き前に原液を直接染み込ませる。

その後、普通に洗濯をするだけである。これだけで頑固な臭いも取れ、安心して着ることが出来る。

また、厄介なのがタオルだ。体や顔を拭き終わって濡れたタオルを放置しておくと、何とも言えない嫌な生乾き臭がついてしまい、これも普通の洗濯では決して取れない。これにも酸素系漂白剤が有効だ。少し濃いめに希釈して一晩浸けておく。

これで嫌な匂いともオサラバである。

臭いを出来るだけつけない工夫も大切だ

上記は服や洗濯物についてしまった臭いの解決方法であるが、そもそもできるだけ臭いをつけない工夫というのも大切だ。

まず、下着は抗菌・防臭加工されたものを選ぶ。僕が愛用しているのはモンベルのジオラインというものだが、肌触り・発散性・防臭性・早乾性・耐久性、いずれをとってもこれまで出会った下着の中で最良だ。決して安くはないが、性能とそれによってもたらされる満足度を考えれば決して割高とは思わない。こういうものを本当の「コスパに優れた製品」と言うのではないだろうか。

また着終わった服や使い終わって濡れたタオルをそのまま洗濯機の中に放り込んで何日か放置しておく、これはわざわざ服を臭くするようなものだ。毎日洗濯するのが一番だが、僕も含めて一人暮らしだとそうもいかない、という人も多いだろう。その場合は濡れたり湿ったりする洗濯物は一旦広げて乾かしておく、洗濯機の中のような空気のこもる場所ではなく通気性の良いメッシュのランドリーバッグに広げて保管しておく、というのが良い。

僕が愛用しているのがこちらである。

【無印良品 公式】ナイロンメッシュランドリーバッグ 約幅39×奥行24×高さ40cm

価格:1,490円
(2022/8/6 09:37時点)
感想(4件)

ちょっとした心掛け、一手間で服や洗濯物の臭い問題というのは全て解決とはいかなくとも、相当軽減することは出来る。

さあ、今日から一緒にやってみましょう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tanoyatsu

40代半ば、妻と二人の女の子を残し、長野に単身赴任中。料理・掃除大好きのおばさん力高め男子。趣味は料理の他・ジョギング・水泳・乗り鉄。数年前から断捨離・ミニマリストに興味を持ち、「モノを極力持たないライフスタイル」をゆるめに実践中。

シェアする