気づいたらこのブログを始めて3周年となっていた

最終更新日

2022年も残すところあと3週間たらず。「一年なんてあっという間だなあ」というのはいかにも月並みな感想だが、僕自身が月並みな人間であるので仕方ない。しかしそれでも、一年前に書いたブログの記事や、手帳を読み返してみると、「ああそういえばこんなこともあったなあ、あの時は参ったなあ」などと、この一年にあったことがまざまざと思い出される。そうすると、やはり1年間というのは相応に長く、重みがあるものだ。

一年なんてあっという間、と感じるのは、要するにその間の細々したことを忘れているのである。しかし、細々としたことを忘れられるから、なんとか生きていける、というのも紛れもない事実だ。もしも細かいことまで全て覚えていたとしたら、僕のように恥の多い人生を送って来た者は直ちに悶死するであろう。

単身赴任の休日の手慰みで始めたこのブログも、この12月で3周年となった。僕は新しいことを始めるにあたっては相当慎重だが、一旦始めてしまえばそう簡単に止めることはない。それでもまあ、特に誰が褒めてくれるわけでもないこのブログ作成という趣味を、よく続けられたものだと思う。

現在の記事数は222記事、一度アップしたが削除した記事もあるので、250記事以上は書いたはずだ。PV数は月間15,000程度、アドセンスとアフェリエイト合わせた収益は、お気に入りの食堂に行って、餃子と生ビールを頼んで、締めにラーメンを食べて帰って来られる程度のものだ。

ブログを3年継続できる人の割合はたった3%!?

諸説あるが、ブログを始めて一年以上継続できる人は10〜30%、3年継続できる人は3〜5%程度であるようだ。僕自身、ブログを始めた頃は僕と似たような単身赴任・ミニマリストの方のブログを見つけては、お気に入りに登録し楽しみに読んでいたものだが、多くの人がいつの間にか更新が滞り、そのままフェードアウト、というのが実に多い。

しかし、それはそれで仕方ないと思う。個人がブログを始めようがやめようが、誰に迷惑をかけているわけでもないし、何もしないよりはとりあえずやってみる、というのは意味のあることだ。僕だってこのブログ、3年は続けられたが急に別のことに興味が移り、やめてしまうことだってあり得る。その時はそれがこのブログの寿命であるということだ。

ブログが長続きする人に共通している3つのポイント

もちろん僕なんかブロガーとしてはまだまだヒヨッコの部類で、僕以上に長い期間、多くの記事を、そして多くの収益を上げられている人が沢山いることは知っている。僕から見た、長いことブログを継続出来ているブロガーに共通するポイントを挙げてみた(アフェリエイト専門ブログは除く)。

肩の力が抜けている

長続きしているブログに共通するのが、「肩の力が抜けている」ということだ。毎回特別すごいこと、面白いことを書こうとしているのではなく、日々の出来事など淡々と綴っているのだが、書き手の感情のフィルターを通して書かれているちょっとした一文にとてもハマったりする。一旦ハマれば、次も読んでみたいと思う。僕の偏見だが、この点に関しては女性の方が得意であるように思う。一方、男性の場合、最初にWordpressで凝ったサイトを作りながら、肝心のネタがすぐに枯渇してしまい、結局やめてしまうというケースが多いように思う。

文章だけではなく何かを作るのが得意・好き

文章を書くのが嫌い・苦手だからブログ作成は向いていないかというとそんなことはない。料理が得意な人であれば料理の写真、風景写真が趣味であれば風景写真中心で、文章は最小限でもブログはちゃんと成立するし、そのようなスタイルの人気ブログはいくらでもある。文章でなくとも何か打ち込める趣味・特技があって、それを発信したいという意欲があれば、自ずとテーマが定まってくるし、それを軸にブログを続けることは十分可能だ。

人生を面白がる術に長けている

読んでいて面白いブログは、書き手がまず人生を楽しもう、起こったことは面白がろうという術に長けている。そのような人のフィルターを通せば、トラブルや嫌なことだって実に面白いエピソードになる。そのようなブログには自然と読者がつくし、自ずと収益だって発生するだろう。最初から収益目当てが見え見えのブログというのは読者は敏感にそれを察知し、敬遠されるものである。

まとめ〜ブログ4年目の抱負

ブログも4年目に突入した。このブログの1番の目的は、まず自分自身が単身赴任というロクでもない状況の中で、それにまつわる様々な出来事、感じたことを書くことで気持ちを整理し、ストレスを小さくすることである。単身赴任とミニマルライフの相性の良さはつくづく感じているので、そのメリットは発信していきたい。僕自身の恥や失敗も多いが、それらを晒していくことで、同じ単身赴任の方が「馬鹿だなあこいつ」と笑い飛ばして、少しだけ心が軽くなってくれればこれはブロガー冥利に尽きる。

このブログを書き続けられるのは自分が単身赴任でいる間だけだ。単身赴任が終わって本宅に帰ることになれば、もう書くことが出来ない。その日が早く来ることを望んでもいるし、もう少し先でもいいと思う気持ちもある。

いつまで続けられるかは分からないが、単身赴任の間はぼちぼちと書いていきたいと思う。

4年目の「シンプルに安く単身赴任を楽しむ」を、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tanoyatsu

40代半ば、妻と二人の女の子を残し、長野に単身赴任中。料理・掃除大好きのおばさん力高め男子。趣味は料理の他・ジョギング・水泳・乗り鉄。数年前から断捨離・ミニマリストに興味を持ち、「モノを極力持たないライフスタイル」をゆるめに実践中。

シェアする