ミニマリスト40代男子の私服を公開する[夏編]

どこで服を買えばいいかわからないという悲劇

40代半ばの僕と同年代の中年男子にとって、仕事の日はともかく、休みの日に何を着るかというのは結構悩ましい問題なのではないかと思う。

まず、どこで服を買えば良いのかイマイチわからない。

若い頃はよかった。街中のオシャレなファッションビルに行けば、自分の年代をターゲットとしたショップがよりどりみどりで、そこで店員さんのアドバイスに従って上下を買い揃えればそれなりにオシャレな格好の一丁あがり、という具合であった。

しかし、家族が増えた一方小遣いは減り、休日の格好なんて意識する余裕もない30代を過ぎ、40代になって少し余裕が出来て服装に再び意識が向いた時、はたと困ってしまう。

果たしてどこに買い物に行けば良いのか。ショッピングモールか、紳士服量販店か、それとも百貨店か。

ファッションの師匠

僕自身の話をすると、数年前から徳島の「Boysmarket」というセレクトショップの店主をファッションの師匠としている。ここの店主のライフスタイルと、ファッションの格好良さに衝撃を受けたのである。ここの店主の考えは、まず充実した人生があって、洋服というのはそれを彩るもの、というものである。

師匠の店のアイテムは決して安くないのでそうそう買えるものではないが、少しづつ通販で買い足してきた(全て師匠の店で買ったわけではないけれど)。ミニマリストであるので服の数は多くはない。しかしクロゼットにかかっている服は全てオーソドックスながら、どれもお気に入りの現役選手で、長いこと着られそうなものである。

僭越ではあるが今回は、40代が持っておきたい服について少し書いてみたい。

ボトムス

①ジーンズ

ジーンズを持っていないという人は少ないと思うが、格好良くジーンズを履きこなすというのは結構難しい。若い頃に流行った、ストレートを2サイズ大きめ、裾長めという価値観がどうしても刷り込まれている。そんな僕を救ってくれたのがリゾルトの710というモデルだ。日本製だが、ヴィンテージジーンズのディティールを忠実に再現しながら、現代的なシュッとしたシルエットである。このブランドを主宰している林芳亨氏は「たかがジーパンや、気負わず履いてガンガン洗濯して乾燥機にかけて、くたびれた頃が一番格好ええやろ」という考えである。僕に再びファッションへの興味を持たせてくれた記念すべき1本。

★【交換送料無料】RESOLUTE リゾルト 710 W26~34 ワンウォッシュ【アウトドア/パンツ/デニム/ジーパン/ジーンズ/メンズ】

価格:24,200円
(2021/5/29 10:09時点)
感想(0件)

②ショートパンツ

真夏の猛暑日、流石にジーンズはきつい。しかしおじさんのショートパンツは女子に嫌われるファッションの上位に常にランクされる、危険なアイテムでもある。理由としては「すね毛がキモい」「小学生みたい」「勝俣みたい」と散々である。大事なのは丈とサイズだ。いずれも中途半端だと野暮ったく見える。僕は思い切って膝上丈を買った。ただしシーズンになると、ちゃんとすね毛は手入れして、天気の良い日にジョギングしてある程度日焼けしてから履くようにしている。履く前に気遣いが必要なアイテムだ。

インコテックス INCOTEX ショートパンツ バミューダパンツ ショーツ メンズ アイボリー

価格:47,800円
(2022/2/6 07:44時点)
感想(0件)

コイズミ すね毛 シェーバー KMC0630K | ココニアル すく 梳く すね毛 スネ毛 レッグヘアトリマー シェイバー バリカン トリマー カッター ムダ毛 メンズシェーバー 足 プレゼント 男性 父の日 実用的 家電 父 祖父 誕生日 敬老の日 実用品

価格:3,278円
(2021/5/29 09:58時点)
感想(54件)

トップス

①ジャケット

大人であればやはりジャケットの1着は持っておきたい。別にかしこまった場面でなくとも、ちょっとコーヒーを飲みにいくとか、図書館に行くときなど、日常生活で積極的に使ってもいい。これも大事なのはサイズだ。大きすぎると途端に野暮ったくなる。そしてそのような同年配が結構多い。自分にぴったりと思っているのよりも、ワンサイズ小さいのを試しに羽織ってみて欲しい。腹回りがきつい?ジャケットのサイズは腹で合わせるのではない。肩でサイズを合わせて、腹は引っ込める努力をしましょう。

②ボタンダウンシャツ

シャツというのは大人が休日に着るのにふさわしいと思う。特におすすめなのはボタンダウンのオックスフォード、それも白とか水色の無地のごくごく定番のやつだ。「無個性で面白みがない」と思われるかもしれないが、ファッションで個性など出そうと思わないことだ。ちょっと面白いデザインの服で長年活躍してくれるのはまずないと思った方が良い。ごくごく定番の、平凡な、しかし上質なやつを手に入れれば、これは長年の相棒となってくれること間違いなしだ。僕が愛用しているのはアメリカの「INDIVIDUALIZED SHIRTS」のボタンダウンシャツである。半袖ではなく、長袖を腕まくりして着るのが男ぽくて格好いい。

③ポロシャツ

大人の夏のウェアとして、ポロシャツも是非1枚は持っておきたい。襟がある分Tシャツよりも幾分かドレッシーで大人っぽい。僕が愛用しているのはラコステのL1212というモデルである。色はネイビーだ。これも最初は定番のネイビー、水色、白といった色から購入するのがオススメだ。

FRANCE LACOSTE(直輸入フランスラコステ) #L1212 S/S PIQUE POLOSHIRTS(半袖 鹿の子 ポロシャツ) NOIR(BLACK)(031)

価格:14,300円
(2021/5/29 10:05時点)
感想(0件)

④Tシャツ

リラックスした休日はやはりTシャツがふさわしい。しかし、たかがTシャツと油断してはいけない。百花繚乱あるアイテムゆえ、センスが問われる。大人の男子におすすめなのはある程度の厚みがあるしっかりした生地、デザインはシンプルなやつだ。ブランド名がデカデカと印刷されたようなのはご法度だ。僕が愛用しているのはFELCOのポケットTシャツとパタゴニアのキャプリーンである。シンプルなTシャツは上にシャツやジャケットを羽織っても相性が良い。

FELCO (フェルコ) S/S CREW NECK POCKET T SHIRT / WHITE – 17ss

価格:7,480円
(2021/5/29 10:07時点)
感想(1件)

「楽」に逃げてはオシャレはできない

以上、独断と偏見で書いたが、一番大事なのはサイズ選びだと思う。楽だからと大きめのサイズを選ぶ方もいるのかもしれないが、ちゃんとした格好をしたいのであれば「楽」に逃げてはダメだ。一度ワンサイズ小さいのを試しに着てみて欲しい。思いの外鏡に映る自分がシュッとして見えること請け合いだ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tanoyatsu

40代半ば、妻と二人の女の子を残し、長野に単身赴任中。料理・掃除大好きのおばさん力高め男子。趣味は料理の他・ジョギング・水泳・乗り鉄。数年前から断捨離・ミニマリストに興味を持ち、「モノを極力持たないライフスタイル」をゆるめに実践中。

シェアする