パタゴニアはミニマリストにとって最強のウェアだと思う理由

僕のワードローブの中で現在、最大勢力を誇るのが「Patagonia(パタゴニア)」である。

最初に買ったのは10年以上前、ウェブショップで購入したダウンベストであった。以来その機能性とタフさとそして何より格好良さにすっかりファンになって、コツコツ買い足してきた。

パタゴニアの魅力

高機能でありながらタフである

パタゴニアは決して安くはないが、もともと厳しい環境下での使用を前提とした本格的なアウトドアウェアであるから、極めて高機能である。具体的には冬物は軽量ながら保温性に優れ、同時水分の発散性にも優れるため、常にサラッとした肌触りを保ってくれる。夏物は汗を極めて早く発散してくれ、しかも臭いづらい。そしてタフである。多少乱暴に扱っても、ガンガン乾燥機にかけてもへっちゃらである。

使いこんでくたびれる程格好良くなっていく

むしろ、買ったばかりの時よりも数年使いこんでくたびれてきた頃の方が遥かに格好良い。それを教えてくれたのは僕が勝手にファッションの師匠と仰ぐ、徳島の「Boys Market」の店主である。

それまでの僕は服というものは買った時のコンディションが最高だと信じており、いかにそのコンディションを保つかに腐心し、洗濯の時は裏返してネットに入れ、デリケート衣類用洗剤を使って洗濯していたものだった。

しかしそのような小さい僕に、Boys Marketの店主は、「買ったばかりのパタゴニアは格好悪い、スポーツやトレーニングでガンガン使い込んで、何度も洗濯して乾燥機にかけて、クタクタになった頃が一番格好いい、そうなったらタウンユースに使いましょう」と教えてくれたのである。これは僕にとってはものすごいカルチャーショックであった。

というわけでパタゴニアは単なる衣類ではなく、僕の洋服観、大袈裟に言えば人生観をも大きく変えてくれたのである。

ミニマリストにとって最強と感じる理由

高機能で臭いづらく、タフであるということは、それだけ手持ちの服の数を減らせるし、長く使えるので買い替えの頻度も少なくて済む。これはまさにミニマリストにとっては最強の相棒と言っても差し支えないのではないだろうか。

パタゴニアのウェアは毎年改良・進化を重ねているが、自分の手持ちアイテムが古くなったからといって色褪せて見えることはない。ヴィンテージのパタゴニアを愛用する人も沢山いるし、前述の通り使い込んだパタゴニアこそ最も格好いいパタゴニアなのである。従って極めて長い間使えるし、破けたりした場合でも修理に応じてくれる。

パタゴニアは長野での生活に似合っている

特に暑さ寒さの厳しい長野での生活において、パタゴニアは僕の強い味方になってくれているし、実際長野の風土に非常によく似合っていると思う。

順次、僕の手持ちのパタゴニア製品の中から特にお気に入りをご紹介していきたいと思う。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tanoyatsu

40代半ば、妻と二人の女の子を残し、長野に単身赴任中。料理・掃除大好きのおばさん力高め男子。趣味は料理の他・ジョギング・水泳・乗り鉄。数年前から断捨離・ミニマリストに興味を持ち、「モノを極力持たないライフスタイル」をゆるめに実践中。

シェアする