【単身赴任者向けの200円で作れるシンプルおかず】豚バラ肉とネギのかんたん炒めを作る

豚肉と長ネギのかんたん炒めの画像

このコーナー、実に久しぶりである。なぜかと正直に言うと、投稿してもあまり閲覧数が伸びないからである。

それともう一つ、今年からインスタグラムを始めて、複数の単身赴任の方をフォローしているのだが、皆さん結構手の込んだものを作っていらっしゃるのである。それらを見るにつけ、「僕のこんな手抜き料理をわざわざブログでアップするのは電力とサーバー容量の無駄遣いなのでないか」と言う罪悪感に苛まれるようになってきたのである。

しかし今日はテーマ通り、安くて簡単で美味しい料理が出来たので恥を偲んで投稿させて頂きたいと思う。

旬の野菜を意識的に食べるように心がけている。冬はネギが安くて美味しい。立派なネギがスーパーで売っていたので迷わずゲット。豚コマ肉も買ってきた。

まず豚肉を炒める。炒め物は「強火で短時間」が鉄則と思っていたが、この間図書館で借りてきたウー・ウェンさんという料理研究家の本に、「肉を炒めるときは弱めの中火で」と書いてあった。目から鱗である。確かに強火で炒めると、パサついて硬くなってしまうことが度々あった。騙されたつもりで中火で優しく炒めてみる。肉に7割ほど火が通ったタイミング(まだ赤いところが若干残っている状態)でネギを投入する。優しく炒めて、ネギの良い香りが立ってきたら料理酒と醤油を大さじ1づつ回しかける。弱めの火加減で作ったら、肉は柔らかい優しい食感で、なんだかおふくろの味っぽい仕上がりになった。何よりガスコンロ周りの汚れが軽減されたのが嬉しい。

さらに持った後で長野名物八幡屋礒五郎の七味を大量に振りかける。もっと色々な調味料を入れれば複雑な旨味が出るのだろうが、そのような味付けばかり食べていると体が疲れる。自炊の時はこういうシンプルな味付けがホッとする。

材料費 

豚小間肉¥130・ネギ1/2本¥45 ・小松菜1/4把¥18・計¥203

Tanoyatsu

40代半ば、妻と二人の女の子を残し、長野に単身赴任中。料理・掃除大好きのおばさん力高め男子。趣味は料理の他・ジョギング・水泳・乗り鉄。数年前から断捨離・ミニマリストに興味を持ち、「モノを極力持たないライフスタイル」をゆるめに実践中。

シェアする